毎年恒例開催している、北海道夏のWS。

本日募集開始です。

昨年行われました、リトリート形式にてのホワイトマジック-魔法習得講座ですが、今年はよりパワーアップした内容で開催となりました。
さらに今年は、体外離脱の手法やホワイトマジシャンテストといった、あなたと世界をより深く探求するワークを行います。

魔法、それは私達の意識を変容し、そして外側の現実をも変容させる技。
それは誰もが扱える真のフォース(力)です。
エソテリックな夏のひとときを共に過ごせるのを楽しみにしています。

お問い合わせなどは、当オフィスまで気軽におたずねください。

■日時
2018年8月2日(木)15時~8月5日(日)

■リトリート会場
 レイクハウス アット 洞爺湖(北海道虻田郡 洞爺湖町財田9-3)

--------------------------------

斉藤つうり氏のHPより。

ホワイトマジック特別習得リトリートin洞爺湖2018
 

昨年、北海道洞爺湖にて行われた、ホワイトマジック特別習得リトリ-ト。

また皆さんから、再開催の要望をその後もいただき、今年も開催することとなりました。

さらに踏み込んだ内容を提供するため、今回は3泊4日のプログラムとなりました。

また今回の4日間では、ホワイトマジックのなかで扱われる体外離脱の手法を用い、各レベルの存在たちとの出会い、また一晩を通して行われるホワイトマジシャンテストによって、あなた自身の現実のありようを、神秘そのものへと変容させることを目的としています。

ご縁のある方、どうぞこの機会をご一緒しましょう。

 

※満席になり次第、この記事は削除します。

 

ホワイトマジック特別習得リトリートin洞爺湖2018

古来より秘教的なグル-プのなかで大切に保持されたホワイトマジックを、4日間で集中習得するためのリトリ-トです。

いま私たちはこれまでになかった視点を持って、人類の意識の核ともいえるエソテリシズム(秘教)を自らの内に統合するときがやってきています。

古今東西のエソテリシズムの本質を理解し、そこで保持されてきた教えとホワイトマジックを実際に体験することで、この現実のベールの向こう側にある「人類の核なる意識領域」へと到達していきましょう。

北海道洞爺湖の洋館と広大な敷地を少人数で貸切り、真に豊かな時間を共にする4日間です。

※事前に行っていただくワ-クがありますため、申込み期限は7月12日までとさせていだたきます。

■マジックとエソテリック

エソテリシズムとは、秘教のこと。

キリスト教の神秘主義であるグノーシス主義、ヘルメス主義などの西洋エネテリシズムの体系や、チベット、エジプト、中国など各地で閉じられたインナ-サークルのなかでだけ伝えられてきた教えとその情報は、2012年の境界線を超えて、各マスターたちによって、一斉にこの世界に解き放たれました。

これからの教えは、意識の変容のプロセスを急激に押し進めるために、一部のサ-クルのみに留められ、イニシエーションを通してのみ、その情報とエネルギーは伝えられてきました。しかしユニティの時代へと入ったいま、それらの情報をどのようにあつかうのかは、各個人にゆだねられたのです。

このリトリートでは、西洋・東洋の枠を超えて、それぞれのエソテリシズムの核心的な情報をお伝えし、様々な教義の意識の段階を横並びにして整理していきます。

そしてそれぞれの意識段階を遡り、内なる神性へ至るために必要な、ワ-クや瞑想をお伝えし、4日間で実践していきます。

またこのプログラムでは数々の秘教で実践されている「ホワイトマジック」を体得します。

これらのマジックは、個々人の意図を強力に後押しするものです。

あらゆるマジックは、この世界との関わり方によって生み出されるということを、参加者は真の意味で理解するでしょう。

また今回の4日間では、ホワイトマジックのなかで扱われる体外離脱の手法を用いた、各レベルの存在たちとの出会い、また一晩を通して行われるホワイトマジシャンテストによって、あなた自身の現実のありようを、神秘そのものへと変容させることを目的としています。

ひょっとしたらこのような試みは、これまでの時代では完全に禁止されていたことかもしれません。

なぜなら、ひとつの体系を身につけようとするとき、他の体系を身につけることは妨げとなるとされていたからです。

私自身、様々な体系のなかへ飛び込み、仏教や、西洋エソテリシズムを学ぶプロセスのなかで、ひとつのことに完全に身を捧げることでしか体験できないもの、ということ意味をそれこそ「身に沁みて」理解してきました。

しかしいま時代は圧倒的な速さで変化を遂げています。

たとえば西洋エソテリシズムの源流である、アリスベイリー、ブラバツキー、シュタイナーらが、かつてヒマラヤの奥地に求めた教えは、様々な多様性をもって世界中にひろがりました。

また同じように、チベット密教の頂点として、その秘儀を代々守り続けてきたダライラマは、世界大戦により聖地からの退出を余儀なくされ、結果的に密教としての教えを世界中に説き回ることとなりました。

まるで何万年も固くその姿を変えることのなかったヒマラヤの山頂の雪が溶けだし、大地を潤したように。

いま私たちはまったく新しい視点を持って、人類の意識の核ともいえるエソテリシズムを自らの内に統合するときがやってきているのです。

あらゆる偏見を捨て、エソテリシズムの本質を理解し、そこで保持されてきた教えを実際に体験することで、意識の新しい領域へと到達していきましょう。

また今回の会場は洞爺湖畔の9000坪の敷地にある大邸宅と敷地のすべてを、参加者で貸し切りにします。

ジオパークとして世界遺産登録された北海道洞爺湖。

緑豊かなベストシーズンの洞爺湖は日常と離れた内側の静けさをもたらしてくれることでしょう。
 

齊藤つうり

■プログラム

講義内容

・エメラルドタブレットによる人類の起源
・「神智学」による創造のヒエラルキ-(階層構造)について
・アカシックレコ-ドを織りなす天使存在についての詳細
・グルジェフ論による、四つの体の構造と使い方
・グノーシス派による世界観
・ホワイトブラザーフッドについて
・アセンデットマスタ-の輪廻転生の系譜
・サナトクマラという存在について
・生命の木(カバラ)による意識の各段階
 

ワーク内容

・事前準備のための三週間のワーク(特別な食事の方法、行なっていただくワークを事前にビデオ配信)
・体外離脱ーアストラル投射と光体の扱い方ー
・体外離脱状態による、各ヒエラルキーレベルの探索
・ミカエルヒーリングー宇宙の源への遡行と再地球化ー
・シジル(天使との邂逅のシンボル)の作成
・五大元素の活性化とマジックサークル(魔方陣)の作り方
・ホワイトマジックの秘儀とイニシェーション
・自然の中で一晩を通して行われる「ホワイトマジシャンテスト」
 

上記の講義、ワークは進行状況によって変更となる場合があります。
 


昨年のリトリートで作成された魔法剣と天使のシジル
 

■日時
2018年8月2日15時~5日10時(日)
3泊4日

■リトリート会場
 レイクハウス アット 洞爺湖(北海道虻田郡 洞爺湖町財田9-3)
 

◆会場の紹介(レイクハウスアット洞爺湖HPより)

レイクハウスアット洞爺湖は木々に囲まれた湖畔にあり、すばらしい北海道の自然を楽しむことのできる宿泊施設です。
9000坪ほどの敷地は支笏洞爺国立公園に隣接していて、湖まで歩いて1分という距離にあります。この景色の中、さまざまなウォータースポーツやゆったりとした時間をお楽しみいただけます。
世界有数のジオパークとしても有名なこの地域は、ルスツスキーリソートから25分という隠れ家的でありながら恵まれたロケーションにあります。
ヒマラヤスギをふんだんに使って作られた 建物は美しい湖畔の景色と自然あふれる庭、ポプラの立ち並ぶエントランスと調和しています。
 

1階のお部屋はそれぞれパティオにアクセスできるようになっています。いずれのお部屋も景観を楽しみながらおくつろぎいただけます。春は桜の花が咲き、夏は湖で夏は湖で、秋には山々の紅葉を鑑賞し味覚も堪能、冬は極上のパウダースノーをお楽しみください。
 


 

レイクハウスの部屋にはそれぞれ特徴があります。プレミアム ツイン・キングの【SAKURA】 はウォークインクローゼット付、バスルームには天窓があり星を眺めながら入浴ができます。窓の外は洞爺湖、輸入のカナディアンシダー木を惜しむことなく使った贅沢かつ温かみのある室内は建物の中で一番のラグジュリーな空間です。パウダールームは2人同時に利用可能。【デラックスバンクルーム】は4名様同時利用可能な2段ベッドがついています。どのベッドもカーテンでプライベート空間を保つことができ、窓からは洞爺湖が見えます。
 


昨年のリーリトの際の洞爺湖
 

■食事

北海道ならではの新鮮で豊富な食事を用意しました!!
毎食のバラエティ豊かな食事もこのリトリ-トの大きな楽しみとなることでしょう。
 

◇本WSは終了いたしました。