Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/lifeway/true-lifeway.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
こころの悩みの解消と自己発見をサポートするセラピーオフィス

セッションメニュー

 前世療法

前世療法とは、催眠療法において意識/潜在意識のさらに奥にある領域に記録されていると定義されている、今の自分が生まれてくる前の人生の記憶、もしくは中間世と呼ばれる転生と転生の狭間の記憶にアクセスする療法です。

アメリカの精神科医ブライアン・L・ワイス博士が1988年に出版してベストセラーとなった「前世療法」(PHP研究所刊)という著書によって、この療法が広がりました。この療法では催眠状態で前世に戻るように誘導することによって今の自分とは違う前世の人生を体験していきます。 そしてそこで、前世の人生の重要な場面や死の場面を体験し、その人生がどんな課題を持っていたのか、その人生が今の人生にどういう影響を与えているのかなどを探っていきます。

基本的には、クライアント自身が得られるイメージや感情といった情報に寄り添う形で進んでいきます。その情報前世療法が正しいかそうでないかは重要ではありませ ん。現れてきた感覚や感情を判断せずに、ただ味わい体験したとき、表層意識の枠組みを超えて思わぬ気づきや癒やしをもたらします。

前世療法では、何度も転生を繰り返して出会う魂について確認することも出来ます。現在の様々な立場や関係性を超えたところで、どのような関わりがあったのかを知ることは、今のご自身の人間関係の枠組みを大きく広げる事にもなるでしょう。いわゆるソウルグループのような深い関わりを知るのにも役立つでしょう。

年齢退行療法(インナーチャイルド・セラピー)

幼児・幼少期に植え込まれた思い込みや嫌な感情・感覚が潜在意識に残っており、それが何かのきっかけで顕在意識に上ってきたときに、自分では何ともないと 思っているにも拘らず、なぜか苦しくなってしまったり、心と身体が分離してしまったようになってどうしてよいのかわからなくなってしまうことがあります。
この問題を解決するために、セッションの中で催眠に入り、潜在意識に残っている問題となっている幼児・幼少期の記憶を思い起こし、再体験するプロセスを通して、原因を探り、不要な思い込みや感情・感覚を解放していく方法が年齢退行療法です。

ご自分の潜在意識のどこに、今抱えている辛い感情・感覚の原因があるのかを探り、その嫌な感情や思い込みを抱えている理由があればそれを理解し、不必要なものであれば、それをクライエントが求めるやり方で解消していきます。理由の分からない不安や恐怖に駆られている、不定期にぶり返してくる嫌な感情がある、 無意識の内にやるべきでないことをやってしまう、などの様々な悩み・問題に対処する療法です。

 

 グリーフ・セラピー(悲嘆療法)

hana愛する人や家族、ペットを亡くした喪失感から立ち直れないような場合に用いる方法です。
催眠下で自分の潜在意識と深くつながることによって、故人との魂のコミュニケーションを行うことによって自らを癒やしていくガイドを行います。
別れた方や存在との未完了だった感情を解き放ち、完結させることによって、過去にとらわれている意識状態を解放し前を向いて人生を歩んでいけるようになることを目的としています。


パーツセラピー(副人格療法)

sora分身療法ととも呼ばれているユニークな技法です。
人間は誰しも様々な人格的側面を持っています。仕事上での自分や友人といるときなどです。
通常これらは意識して行っているのですが、潜在意識下においても同様に様々な人格(パーツ)が内在しています。積極的な人格だったり、愛情深い人格、悲しみを強く感じている人格や、現在の状況に批判的な人格などです。
時にはそれが矛盾を抱えた状態となって自分が思ったように行動できない原因となっていることがあります。
たとえばタバコをやめたいのに、やめられないといった場合、内側にタバコを吸いたい理由を持っている人格と、やめたい理由をもっいてる人格がそれぞれいて、綱引きをしているような状態となっています。
このパーツセラピーでは、問題を引き起こしている副人格と問題を解決しようとする副人格、それを調停する副人格などを意識化し登場してもらうことによって調和を図ります。
それによって潜在意識下での内的な矛盾を取り除き、行動に一貫性をもたらすことができます。

初回カウンセリング

まず最初にヒプノセラピーについてのご説明や方法をご説明し、取り扱いたい問題をお聞きして、セラピーの方針を決めていきます。
もしご自身がどのような問題を抱えているのか整理がつかない方や、催眠に不安を感じている方の場合、カウンセリングのみやリラクゼーション療法を行うこともできます。
前世療法や退行療法は基本的におこないません。 事前にヒプノセラピーが適切かどうか確認したり、取り扱う事柄を整理したりできます。

PAGETOP
Copyright © True Lifeway All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.